横浜共立学園中学の算数


傾向

横浜共立学園中学の算数は、例年、大問5問で構成されています。

 

大問1は、計算問題を含む小問群。大問2以下は、それぞれテーマをもった応用問題が並んでいます。

 

1、頻出分野について

 

「平面図形」「立体図形」「速さ」「割合」「数の性質」「差集め算、つるかめ算などの特殊算」など、中学受験算数の全範囲から、まんべんなく、バランスよく、出題されています。

 

「平面図形」では、静止した図形の角度や面積を求める問題は少なく、動きのある図形の面積を求める問題が多い点に、特徴があります。

 

動きがあるということは、グラフを読み取る問題とからめることが多い、ということを意味します。「動く図形どうしの重なりの面積」「点の移動と面積」などです。

 

速さの問題も、「進行グラフ」を読み取る問題が出題されています。

 

一般的に、「グラフ読み取り問題」が出題される傾向にあるといえます。

 

いずれも、塾のテキストに掲載されている定番問題です。

 

2、難易度について

 

標準的な問題が、多数出題されています。

 

大問1の小問群は、試験開始直後の緊張をほぐすかのように、易しい問題から順に、並んでいます。

 

小問が6問もあると、多くの学校では、1問ぐらい、難しい問題が含まれていて、捨て問となっていることが多いのですが、横浜共立では、そのようなことは、しないようです。

 

大問2以降も、超難問はなく、小問1は、かなり易しいヒントの問題となっています。小問2、3には、難しい問題も含まれています。

 

全体的に、易しい問題から、難しい問題の順に、ならんでいます。

対策

1、塾のテキストの定番問題をしっかりマスターすれば、合格できます。

 

あまり難しい応用問題に、時間を取られ過ぎることなく、基本をまんべんなく身につけることが、大切です。

 

本番の問題は、易しい問題から、難しい問題へと、順序よく並んでいます。落ち着いて、順番に解いていけば良いでしょう。

 

小問1は確実に取り、小問2以降は、難しければ、後回しにすればOKです。

 

2、偏差値に比べ、問題が易し目の感があるので、合格点は高めでしょう。「ミスしない」ということも、重要です。日ごろから、自分がミスするパターンをメモするなどして、確実に解けるようにしましょう。

 

3、また、過去問の検討が、有効です。

 

たとえば、

  • 2016年A大問1(6)
  • 2017年A大問2
  • 2018年A大問2

は、いずれも食塩水問題。数字替え問題ではありませんが、勉強していた受験生は、報われたでしょう。

 

  • 2016年A大問5
  • 2018年A大問5

も、似たような問題です。「底面積に注目する」という発想は、共通です。

 

4、グラフ読み取り問題は、特にしっかり準備しておきましょう。

 

「進行グラフ」「点の移動と面積のグラフ」「図形の移動と重なりの面積のグラフ」などが出題されています。

 

ほかには、「注水グラフ」「水そうおもりグラフ」などもあります。勉強しておきましょう。

 

5、横浜共立の過去問を勉強し尽した人は、他校の過去問も、勉強すると良いです。

  • 横浜共立2018年A大問4
  • 横浜雙葉2018年 大問3

いずれも、「図形の移動と重なりの、グラフ読みとり」

  • 横浜共立2017年A大問4
  • 湘南白百合2018年大問4(1)

いずれも、「転がる問題」

  • 横浜共立2017A大問3
  • 湘南白百合2018年大問3

いずれも、「進行グラフ」

 

同じような問題をまとめて解くと、共通点の理解が進み、実力がつきます。



横浜共立対策ページ

算数の成績を上げる!

志望校別・傾向と対策

ご入会・システム

ホーム

お問い合わせ

電話 03-3304-7817

レッツ算数教室

中野坂上駅前(丸の内線・大江戸線)
東京都中野区本町1ー23-7 

お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。