なぜ、うちの子の偏差値は○○なのに、あの子の偏差値は□□なのか?


世の中、理不尽なことがあるものです。

 

同じ人間なのに、なぜ、偏差値が5~10も開いてしまうのでしょう?

 

もちろん、イチロー選手や大谷翔平選手のような例外的な人が、中学受験生の中にもいます。

 

自分と比べる気にもならないでしょう。

 

でも、素質的にはほとんど変わらないはずの同級生に負けてしまうのは、どうにも納得がいきません。

 

なぜでしょうか?

 

私には、以下のような経験があります。

 

 

学生時代、ふと、簿記に興味をもちました。

 

父が読んだ簿記の本が、家に転がっているのを見つけたときです。

 

2、3日読んでみましたが、チンプンカンプン。

 

次から次へと専門用語の洪水で、何が書いてあるのか、さっぱり理解できませんでした。

 

「簿記は、難しい……」

 

それ以来、私の頭の中には、強烈な苦手意識、簿記コンプレックスが植え付けられました。

 

 

それから数年後、私は、確定申告の必要に迫られ、簿記の勉強をしなければならない状況になりました。

 

「このままでは、まずいな」

 

私は本屋へ足を運び、簿記のコーナーで片っぱしから本を手に取ってみました。

 

「簿記入門」「簿記初級」「はじめての簿記」「○○にもわかる……」といったようなタイトルの本です。

 

でも、どの本も意味不明でした。

 

きれいな色刷りで、図表なども見事であるにもかかわらず……

 

分かりやすそうなのは、見た目の雰囲気だけでした。

 

ところが、それらの中に1冊だけ、

 

「簿記の入門書を読む前に読む本」

 

という、いかにも売れてなさそうな、地味なデザインの本がありました。

 

ワラにもすがる思いで手に取ってみると、だいぶ様子が異なります。

 

簿記の専門用語がほとんど出てこないのです。

 

紹介されている事例は、算数の売買算よりもかんたん。

 

「机を10万円で仕入れて12万円で売ったら、2万円の利益が出ました」

 

という超シンプルな事例。

 

これを使って、仕分けや、損益計算書、貸借対照表がどうなるかを、簿記の根本原理、発想法に基づいて、誰にでもわかるように、説明していました。

 

私はただちにこの本を買い、むさぼり読んだのです。

 

気がつくと、全200ページを2時間もかからずに読み終わっていました。

 

肚(はら)の底から

 

「よ~くわかった!」

 

と、叫びたくなるほどでした。

 

そしてこれ以降、簿記のどの専門書を読んでも、何を言っているのか、いないのか、理解できるようになったのです。

 

「この本には○○の定義が書いていないから、わからないのは自分の頭のせいではない。定義を調べれば良いだけだ。」

 

と、納得できるようになったのです。

 

つまり、簿記に関しては、自ら学び進むことができるようになりました。

 

 

ここで注目すべきは、

 

この本を読む前と後とで、私の遺伝子は何も変わっていない

 

ということです。

 

私が簿記の理解力をつけたのは、すばらしい本に出合えたからに過ぎません。

 

幸運でした。

 

 

もちろん、大人であれば、すべてを運で片づけるわけにはいきません。

 

大人の世界は、自己責任です。

 

本には、わかりやすいものと、わかりにくいものとがある。

 

もし、今読んでいる本がわかりにくいならば、他の本を当たってみるべき。

 

それを怠っているならば、本人の責任であり、それが実力。

 

 

でも、あなたのお子様はどうでしょうか?

 

塾で、どの先生に教えてもらい、その先生がどのようなヒント、アドバイスをくれるかは、自分ではコントロールできません。

 

たまたま良い先生に巡り会えた子が、成績の面で一時的にリードしているに過ぎないのです。

 

 

ここを、偶然ではなく、しっかりコントロールできるなら……

 

次は、あなたのお子様の番です。

お問い合わせ

電話

03-3304-7817

レッツ算数教室



お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。