三田国際学園中学の算数


傾向

1、三田国際学園中学の算数は、例年、大問5~6問で構成されています。

 

大問1は計算問題と単位換算。大問2は小問群。大問3以降は、それぞれテーマをもった応用問題です。

 

計算問題は「計算の工夫」を求められます。

 

2、出題分野を見てみましょう。

 

「平面図形」「速さ」「割合と比」「論理・推理」などがよく出ます。

 

さらに特筆すべきは、「表とグラフ」です。

2017年第2回大問4

2018年第1回大問3

です。

 

また、「長文のルール指定問題」も出題されました。

2018年第1回大問5

です。

 

従来から、理科、社会では、表やグラフ、長文の資料などを大量に読ませる問題が出題されており、特に社会の問題のページ数が多い学校でしたが、算数にもその傾向が出始めました。

 

この傾向は、2020年大学入試改革の主旨に基づくもので、三田国際学園の先進性を示しています。

 

3、難易度について

 

難問も少し出題されますが、合格最低点から推定すると、標準レベルの問題が取れれば、合格できます。

 

ただし、2018年入試では、合格最低点が、インター、本科とも40点ほど跳ね上がりました。

対策

とりあえず、塾のテキストに出ている定番問題をすみずみまでマスターすることに努めましょう。この部分は併願校と共通なので、皆さん準備してくるはずです。

 

さらに、三田国際学園に固有の対策として、「表とグラフ」「長文問題」をどうするかです。この2分野は、公立中高一貫校の入試問題とよく似ていますから、それらを使って練習するとよいでしょう。

 

従来から中学入試問題には「進行グラフ(ダイヤグラム)」「水そうグラフ」といったグラフ読み取り問題が出題されていました。これらは、グラフのメモリの数字が何か所か隠されていて、それを計算で求める問題です。

 

ところが、新傾向の「表とグラフ」では、隠された数字を言い当てるのがメインテーマではなく、

  • 「ざっくりと傾向分析する」
  • 「きわだった特徴を見つける」

といった能力を試しています。

 

ですから、従来の進行グラフしか勉強していない受験生が新傾向の「表とグラフ」の問題を解くと、得意不得意が鮮明に出ます。

 

何も準備しなくても楽々解ける子がいる一方で、全く歯が立たない子もいます。

 

事前に十分慣れておきましょう。



志望校別対策・索引

ご入会・システム

ホーム

お問い合わせ

電話 03-3304-7817

レッツ算数教室

中野坂上駅前(丸の内線・大江戸線)
東京都中野区本町1ー23-7 

お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。