双方向オンライン授業


レッツ算数教室では、通塾、家庭教師に加え、

 

「双方向オンライン授業」

 

を実施しております。

 

個別指導のレッツ算数教室ですから、もちろん、生徒様と先生が1対1です。(保護者様の授業参観は可能です)

 

「双方向」ですから、授業の動画を一方的に配信するわけではございません。

 

生徒様と会話しながら、進めていきます。

 

ところで、皆さまは、「オンライン授業」というと、どのような授業を連想なさるでしょうか?

  • 先生の顔しか見えなくて、手元が映っていないのでは?
  • 英会話ならいいけれど……
  • 先生の手元が映っていても、算数の込み入った図や式は、よく見えないのでは?

実は私も、初めはそのような心配をしておりました。

 

何年も前、オンライン授業の可能性を探るため、映像のテストをしたことがあったのですが、あまり芳しいものではありませんでした。

 

対面授業との差が大きすぎると思いました。

 

でも……

 

必要は発明の母です。

 

オンライン授業用のウエブカメラを購入、設置し、手元がバッチリ映るように工夫したところ、生徒様全員から、

 

「良く見える」

 

とお墨付きをいただきました。

 

逆に、生徒様の側でも、必要に応じて、手元を映すウエブカメラを設置なさる方もいらっしゃいます。 

 

もちろん、オンライン授業開始にあたっては、事前にカメラの作動テストを実施しております。(無料です)

 

それでも、中には、

 

「そのような設定は大変そう……」

 

という方もいらっしゃいます。

 

そのときには、事前、事後に資料をメールで送ったり、いっそのこと、現物を郵送したり、といったアナログ的な方法で補い、乗り切っています。

 

やれば、何とかなるものです。

 

それどころか、オンライン授業の方が良い、という生徒様も現れました。

 

「家庭教師が自宅に入ってくるのは、ちょっと……」

 

「だから、教室に通っていたけれど、往復にそれなりの時間と体力を使うし……」

 

という生徒様が、オンライン授業で一気に勉強のペースをつかんだ、というケースもあります。

 

教室への往復の問題だけではありません。

 

「機械いじりが好き」

 

というお子様の中には、今まで勉強に集中するのが難しかったのがウソのように、楽しく勉強し始めた方もいらっしゃいます。

 

そんなこんなで、不安をかかえつつ始めたオンライン授業でしたが、現在では、様々なタイプのお子様に、自信をもっておすすめできるレベルにまで達しました。

 

お子様の立場で考えても、これからの時代は、

 

「オンライン授業を受ける技術」

 

が、人生を決定的に左右します。

 

オンライン授業と対面授業の共通点は何か?

 

異なる点は何か?

 

やってみればわかります。

 

1人1人の個性に応じて、さらには、勉強の内容、1問ごとの問題の性質に応じて、対面授業向きの部分と、オンライン授業でも全く問題ない部分とがあります。

 

それらをよくふまえて、必要な準備と工夫を重ねれば、中学受験終了後にも役立つ、「オンライン授業を受ける技術」が身につきます。

 

レッツ算数教室では、生徒様と一体となって、様々なオンライン授業の方法を、編み出しております。

 

ぜひ、ご一緒に、オンラインの時代を乗り切っていきましょう。

 

レッツ算数教室

お問い合わせ
電話 03-3304-7817 


お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。