「つるかめ算」の話


算数で、もっとも有名な問題といえば、「つるかめ算」ではないでしょうか。

 

中学受験の関係者ではない人でも、「つるかめ」ときけば、

 

「ああ、何か、算数の問題の一種だよね。よく知らないけど」

 

ぐらいの反応はありそうです。

 

ところが、どっこい。

 

この「つるかめ算」ほど、受験生を悩ませる問題はありません。

 

なにしろ、神出鬼没(しんしゅつきぼつ)。

 

いつ、どこに現れるかわかりません。

 

しかも、無色透明。

 

他の問題の一部にまぎれこみ、決して自身の姿は見せません。

 

解説をきいて、はじめて

 

「そうか。本問は、つるかめ算であったか……」

 

と、つぶやくことになります。

 

よって、出題者にとって、受験生の能力を測定するのに、これほど適切な問題はありません。

 

超難関校でも、隠し味のように、つるかめ算が愛用されています。

 

なぜ、こんなことになっているのか?

 

原因は、「つるかめ算」という名前、ネーミングの「不適切さ」にあります。

 

ふつう、「○○算」というときには、問題の名前と実態が、ある程度一致しています。

 

「和差算」といえば、和と差を使って解く問題です。

 

「旅人算」といえば、太郎君と花子さんが、学校と公園の間を行ったり来たりします。「旅」というには、大げさすぎですが。

 

「差集め算」といえば、差を集めて解きます。

 

「砂時計の相似」といえば、最初は何のことかと思いますが、砂時計の形をした「三角形の相似」のことを指します。

 

名前と実態が一致している。

 

だから、おぼえやすいし、解きやすい。

 

でも、「つるかめ算」で「つる」と「かめ」が登場するのは、つるかめ算を最初に勉強する4年生の時だけ。

 

それ以後は、たとえば、こんな感じになります。

  • 太郎君は、家から駅に向かって、自転車で出発しました。ところが、途中でタイヤがパンクしたので、その後は自転車を押しながら、駅まで歩きました。自転車がパンクしたのは、家から何mの地点ですか。

あとは、自転車と歩きの速さ、駅までの距離、かかった時間が設定されています。

 

「つるはどこ?かめはどこ?どうして、これが、つるかめ算なの?旅人算でしょ?」

 

ということになります。

 

難しいですね。

 

では、「つるかめ算」に代えて、何と名付ければよいでしょうか?

 

……もっと難しいですね。(笑)

 

だから仕方なく、「つるかめ算」と呼んでいるのでしょう。

 

もし、あなたが「つるかめ算」に代わる名前を発明できれば、圧倒的に有利な立場になります。

 

レッツ算数教室では、

  • 「○○○○○○○○○○問題は、つるかめ算」

と教えています。

 

あなたも自分なりの識別法をあみ出してみましょう。

 

レッツ算数教室

お問い合わせ
電話 03-3304-7817


お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。