日能研|本科教室の特徴と対策


本科教室の特徴は?

本科教室は、日能研のメイン・テキストです。

 

テキストの構成は、「考えよう(基本)」、「深めよう(発展)」と、「練成問題(入試問題)」から成り立っています。

「考えよう」

「考えよう」は、入試問題のエッセンスを、ゼロから段階を追ってマスタ―するための基本問題です。

 

多くの入試問題に共通するエッセンスを、日能研が独自に抽出し、単純なものから、より複雑なものへと、レベルアップしていきます。

 

非常に良く練られたシステムです。

 

すべての受験生に必修の問題です。

「深めよう」

「深めよう」は、やや高度な発展問題です。

 

こちらも、出題元となる入試問題はありますが、どこか特定の学校の問題というよりは、定番化した問題です。

 

中堅校をめざす方は、初めて勉強する時はスルーしても大丈夫ですが、最終的にはマスターする必要があります。

「練成問題」

「練成問題」は、特定の学校の入試問題です。

 

もちろん、その回のテーマに関連する入試問題であり、「考えよう」「深めよう」の知識に基づいて考える、応用問題です。

 

授業では、どこまで?

「考えよう」は、授業で全問扱いますし、「深めよう」も、上位クラスでは、全問扱います。

 

ただし、進行速度は、クラスのレベルによって、変わってきます。

 

他方、練成問題は、必ずしも授業で全問扱うわけではありません。(そこまで時間がありません)

 

したがって、どの問題を扱うかは、担当の先生の裁量にゆだねられています。

メリット・デメリット

「考えよう」「深めよう」は、日能研が作成、編集した問題であり、教育的配慮が十分に行き届いた、すばらしいシステムです。

 

たとえて言うならば、浮き輪につかまりながら、バシャバシャと泳ぐ練習をするようなもの。

 

これに対し、練成問題は、全国の私立中学の入試問題を、学校名入りで掲載しています。

 

必ずしも、易しい順に並んでいるわけではありませんし、「考えよう」「深めよう」の知識だけで、必ず解けるわけでもありません。

 

つまり、浮き輪なしで、ドボンとプールに飛び込むようなもの。

 

ここに、メリット、デメリットが生じます。

メリットは、応用力がつくことです。

 

練成問題は、マニュアル通りに解けるわけではないため、自分で考える必要が出てきます。

 

優秀な子にとっては、良いトレーニングとなります。

 

デメリットは、場合によっては、難し過ぎるということです。

 

まだ浮き輪を外すタイミングではない子にとって、練成問題は、手ごわすぎることもあります。

本科教室・対策

このように、「考えよう」「深めよう」の知識と、「練成問題」との間には、段差があります。

 

ですから、段差をうめるため、架け橋となるような教育的配慮が必要となります。

 

レッツ算数教室の日能研フォローでは、この点に重点的に取り組んでいます。



レッツ算数教室

お問い合わせ

電話

03-3304-7817

ご入会・システム


お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。