横浜共立 算数 対策 2021年


目次

「傾向」 

1、概要

(1)出題分野
(2)難易度
2、各論(大問1~5)
「対策」

傾向(A)

1、概要

横浜共立中学2021年A・算数は、やや易し目の出題となりました。

 

社会状況に配慮してのことと思われます。

 

(1)出題分野

 

「平面図形」「速さ」「割合」「立体図形」を中心に出題されています。

 

いずれの問題も、典型的な中学入試問題です。

 

(2)難易度

 

本年度は、全体的に易し目ですが、その中でも大問1の小問群は基本的な問題で、大問2以降は、徐々に難しくなっていきます。

 

「出題分野&難易度マップ」を掲載致します。(難易度はレッツ算数教室の分析によります)

 

Aが最も易しく、BCの順に難しくなっていきます。

 

   出題分野&難易度マップ
大問1    
(1) 計算問題 A
(2) 計算問題 A
(3) 約束記号 B
(4) 速さ・通過算 B
(5) 速さ・時計算 B
(6) 平面図形 B
大問2    
(1) 割合・食塩水 C
(2) 割合・食塩水 B
(3) 割合・食塩水 C
大問3    
(1) 速さと比 B
(2) 速さと比 C
(3) 速さと比 C
大問4    
(1) 平面図形 B
(2) 平面図形 B
(3) 平面図形 C
大問5    
(1) 立体図形 C
(2) 立体図形 C
(3) 立体図形 C

 

それでは、順に見ていきましょう。

2、各論(大問1~5)


大問1

 

(1)(2)「計算問題」

 

ウオーミングアップ問題です。


大問1(3)「約束記号」

 

2+□×2=4+3×4

 

よって、□=7(答)


大問1(4)「速さ・通過算」

 

毎分1380m=毎秒23m

 

(675ー284)÷23=17秒

 

18+17=35秒(答)


大問1(5)「速さ・時計算」

 

(210-95)÷5.5=20と10/11分(答)


大問1(6)「平面図形」

 

円の中心からAに補助線を引くと、半径3cm、中心角120度のおうぎ形と、底辺1.5cm、高さ2.6cmの直角三角形に分割されます。

 

3×3×3.14÷3+2.6×1.5÷2=11.37㎠(答)


大問2「割合・食塩水」

 

(1)

 

4%の食塩水150gと水100gを混ぜると、2.4%の食塩水250gができます。

 

これと、6%の食塩水□gを混ぜると、4%の食塩水になります。

 

4-2.4:6-4=4:5

 

250÷5×4=200g(答)

 

(2)

 

食塩の重さ合計は24+3=27g

 

食塩水の重さ合計は400+75+125=600g

 

よって、27÷600=0.045=4.5%(答)

 

(3)

 

6%の食塩水□gと、4%の食塩水450gを混ぜると、4.5%の食塩水になります。

 

6-4.5:4.5-4=3:1

 

450÷3×1=150g(答)


大問3「速さと比」

 

(1)

 

時間の比が4:3ならば、速さの比は3:4です。差の1が毎時1.5kmですから、下りの速さは毎時6km(答)

 

(2)

 

上りの時間:下りの時間=5/3:3/4=20:9

 

よって、2時間54分(=174分)を20:9に比例配分すると、上り120分、下り54分。

 

4.5×2+6×(54/60)=9+5.4=14.4km(答)

 

(3)

 

5.4÷4.5+9÷6=2.7時間=2時間42分(答)


大問4「平面図形」

 

(1)

 

相似比1:3なので、面積比は1:9(答)

 

(2)

 

AF:FG:GH=1:2:3より、A~Hは、AFの6倍

 

(3)

 

ABを延長して弧と交わる点をJとします。

 

A~JはAFの10倍=75.36cm

 

弧JI=83.21-75.36=7.85cm

 

360×(7.85/60×3.14)=15度(答)


大問5「立体図形」

 

影の部分を底面とすると、その上の八角形は、後ろの側面、下側にくっついている八角形は前面の側面となります。

 

前面の側面は、展開図を180度回転させた向きになります。

 

前面と後面の周囲に、10×54の長方形をのり巻きのように巻きつければ、出来上がりです。


対策(A)

横浜共立中学は、もともと超難問はあまり出題しない学校ですが、本年度は、おそらく社会状況に配慮して、特に基本的な問題に徹しています。

 

来年度もこの傾向が続くとは限りませんので、過去問演習として解いた受験生は、この点に注意が必要です。

 

腕試しに解くのであれば、6年生の春先~初夏にかけてが、ちょうど良いかと思われます。

 

なお、本年のような状況でも出題された「図形」「速さ」「割合」は、中学入試・算数の3本柱ですが、横浜共立の先生方も、この3つの分野を最重要視なさっているということは、今後の参考になります。



横浜共立対策ページ

算数の成績を上げる!

志望校別・傾向と対策

ご入会・システム

ホーム

お問い合わせ

電話 03-3304-7817

レッツ算数教室

中野坂上駅前(丸の内線・大江戸線)
東京都中野区本町1ー23-7 

お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。