打倒!4教科合計点保存の法則


中学受験界には、4教科合計点保存の法則というものがあります。

 

「よ~し、今度のマンスリーテスト、算数がんばるぞ!」

 

いつにも増して、算数の復習を徹底し、算数の得点が上がりました。

 

「やったー!努力が報われた」

 

ところが、大喜びも、つかの間。

 

算数の得点が上がった分、国語の得点が下がってしまったではありませんか。なんと!

 

結局、4教科合計点は、現状維持。

 

保存されました。

 

「せっかく、算数がんばったのに……」

 

ここが、悩ましいところです。

 

まるで、ルービックキューブをやっているみたい。

 

まず、1面完成します。

 

次に、2面を完成しようとすると、最初に完成した面が崩れてしまう……

 

これを防ぐには、初めから将来を見越して、最初の1面を完成しなければいけないのです。

 

受験勉強で言えば、算数の得点アップだけを考えるのではなく、4教科の合計点を最大にするように、プランを練らなければなりません。

 

レッツ算数教室が、算数教室を名乗りながら、国語など他教科も教えているのは、常に、4教科の合計点を見据えているからです。

 

算数だけ教えて、

 

「算数の成績を上げるには、こうしましょう、ああしましょう」

 

と、どれほど緻密で理想的な提案をしても、それによって、他教科に悪影響を及ぼしては、最終合格には結びつきません。

 

 

それならば、レッツ算数教室は、なぜ、算数教室なのか?

 

それは、中学受験で成功するには、算数が最もカギになる科目だからです。

 

最も手ごわく、最も時間とエネルギーを使う科目だからです。

 

決して、算数の成績だけ上げればよいと考えているわけではありません。

 

ここに、堂々巡りがあります。

 

 

では、4教科合計点保存の法則を打ち破り、合計点を伸ばすには、どうすればよいでしょうか?

 

方法は3つあります。

 

1つ目は、算数の勉強の効率を上げること。

 

(当ホームページ内「算数の成績を上げるには?」参照)

 

2つ目。算数をがんばって、算数の成績が上がったならば、たとえ、4教科合計点が現状維持でも、算数の努力を認めてあげることです。

 

「フン。算数の成績だけよくなっても、合計点が変わらないんじゃ、しょがないでしょ」

 

という態度を親にとられると、子供は一気にやる気をなくします。

 

「努力すれば、報われるね」

 

ということを、子供が体感すると、

 

「次は、他の科目でもがんばってみよう」

 

「でも、算数の成績は下げないぞ」

 

という自発性が生まれ、勉強の量と質がアップします。

 

保存則を打ち破る方策の3つ目は、お子様の得意、不得意を全教科についてよく検討し、「得点効率の良い分野」をさがすこと。

 

「得点効率の良い分野」は、「得意科目」とは限りません。

 

現在は苦手でも、少し勉強すれば得点を上げられるならば、そこが「得点効率の良い分野」です。

 

要するに、トータルコーディネートです。

 

算数のことだけ考えていては、いけません。

 

もちろん、「レッツさんには、算数だけお任せしたい。他教科のことは、自分たちで考える。」というご家庭もあります。

 

レッツ算数教室では、そのあたりのご事情は、ご家庭とよくご相談しながら、話を進めていきます。

 

 

 

国語の勉強方法について、さらに知りたい方は、当ホームページの「国語の成績を上げるには?」をご覧ください。



レッツ算数教室

お問い合わせ

電話

03-3304-7817

ご入会・システム


お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。