大妻中学の算数


傾向

大妻中学の算数は、例年、大問10問で構成されています。

 

大問1は、計算問題2問と、小問2問。大問2以降は、中ぐらいの重さの問題から、重たい応用問題まで、様々な分野の問題が並んでいます。

 

多くの大問は、小問に分かれていない点に、特徴があります。

 

つまり、小問1をヒントに小問2を解き、小問2をヒントに小問3を解き・・・といった解き方はできません。

 

ヒントなしで、解き切る必要があります。

 

大問としては易し目でも、ヒントなしだと、難しく感じるかもしれません。

 

1、頻出分野について

 

問題数が多く、はば広い分野から出題されています。「平面図形」「立体図形」「速さ」「割合」「規則性」「数の性質」「場合の数」と、一通り全ての分野を網羅しています。

 

「平面図形」で、「角度」の問題は、必須のようです。

 

「速さ」で、「進行グラフ」も、くり返し出題されています。

 

「割合」では「相当算」が、「立体図形」では「切断」が頻出です。

 

また、様々な分野で、「つるかめ算」を取り入れた出題が、目に止まります。「速さのつるかめ算」「仕事算のつるかめ算」「売買のつるかめ算」などです。

 

「3段つるかめ」など、手ごわい問題も出題されています。

 

2、難易度について

 

全体的に、標準的な問題から、かなりの難問まで、出題されます。「非常に易しい問題」は、ほとんど出題しないようです。

 

前半は易しい問題、終盤は難しい問題ですが、必ずしも易しい順ではありません。大問8、9あたりに、その回の最も難しい問題が配置されていることが多いようです。

 

 

また、全問について、「式、計算、考え方」を記入するスペースが設けられています。

 

答えを出すのが易しい問題でも、きちんと説明するのは、意外と難しいものです。

 

3、以上まとめると、大妻の算数は、パッと見の印象以上に手ごわい、と考えておきましょう。

対策

1、標準的な問題が多数出題されますから、ここでしっかり得点することが、合格への条件です。

 

塾のテキストで、基本問題を、まんべんなくマスターしましょう。

 

2、過去問については、特定の問題が、くり返し出題されていますが、全体的に見ると、過去問からドバドバ出題されるわけではありません。

 

過去問に、過剰な期待はできません。

 

ご参考までに、過去問で繰り返されている問題について、年度と問題番号を挙げておきます。

「角度」

  • 2014年第2回大問5
  • 2015年第2回大問5
  • 2016年第1回大問5
  • 2016年第2回大問1(4)
  • 2017年第1回大問3
  • 2017年第2回大問5
  • 2018年第1回大問3
  • 2018年第2回大問5

「進行グラフ・水そうグラフ」

  • 2014年第1回大問9
  • 2015年第2回大問8
  • 2016年第2回大問8
  • 2017年第1回大問9
  • 2018年第1回大問9
  • 2018年第2回大問10

などです。

 

それぞれ、まとめて解くと、コツがつかみやすいでしょう。

 

3、式、計算、考え方について

 

ひごろ、「解き方暗記」の勉強に走っていると、考え方の説明ができません。そのような人は、大妻には向いていません。

 

ぜひ、理解のともなった勉強をこころがけて下さい。

 

たとえば、2018年第1回大問10。

 

糸を巻きつける問題はよくあります。ACFで立体切断する問題もよくあります。

 

どちらも、基本的で、一見すると、暗記で対処できそうにも見えます。

 

でも、この二つを組み合わせた問題は、かなり珍しいです。

 

日ごろ、理解をともなう勉強をしていれば、何ということのない問題ですが、パターン暗記に走っていると、「こんな問題、教わっていません。知りません。」ということになってしまうでしょう。

 

このような、ちょっとしたひねりが、大妻らしさであり、意外と手ごわいところです。



大妻対策ページ

算数の成績を上げる!

志望校別・傾向と対策

ご入会・システム

ホーム

お問い合わせ

電話 03-3304-7817

レッツ算数教室

中野坂上駅前(丸の内線・大江戸線)
東京都中野区本町1ー23-7 

お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。