本郷中学の算数


傾向

本郷中学の算数は、例年、大問5~6問で構成されています。

 

大問1は計算問題、その後の大問はそれぞれテーマをもった応用問題となっています。

 

よく出題される単元は、「平面図形」「立体図形」「速さ」「場合の数」です。特に「進行グラフ」「注水グラフ」などのグラフ読み取りや、「立体切断」が、毎回のように出題されています。

 

難易度は年によって異なります。

 

難しさの方向は、理論的に難しいものと、理論的には易しいがとにかく手間のかかるものとに分かれます。

 

理論的に難しい問題

2017年第1回大問3

     第2回大問5

2018年第1回大問5

     第2回大問6

 

手間のかかる問題

2017年第2回大問2(4)

        大問3(2)

        大問4(3)

        大問6

2018年第2回大問4(3)

          5(2)(3)

 

などが目にとまります。

 

全体的な印象として、本郷中学の受験生は定番問題に強く、難しい定番問題にもよく対応できています。

 

その一方で、手間のかかる問題が多いと、受験者平均点、合格者平均点とも、かなり下がります。

 

対策

まず、頻出分野である「グラフ読み取り」「立体切断」については、徹底的に準備しましょう。

 

「グラフ読み取り」の問題は、芝中学校でもよく出題されています。本郷中学の過去問と合わせて練習するとよいでしょう。

 

「立体切断」の問題は、本郷中学に限らず中学入試全体でよく出題されていますが、特に海城中学の過去問と合わせて勉強するとよいでしょう。

 

あとは、手間のかかる問題をどうするかです。

 

  1. ミスした時それを記録しておき、自分がどのようなミスをしがちなのか把握しておく。そして、ミスのパターンごとに、自分なりの防止策を用意する。
  2. 計算量を減らせるような「計算の工夫」「計算の知識」を身につける。

といったことが大切になります。



志望校別・傾向と対策

ご入会・システム

ホーム

お問い合わせ

電話 03-3304-7817

レッツ算数教室

中野坂上駅前(丸の内線・大江戸線)
東京都中野区本町1ー23-7 

お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。