算数が得意な人の国語勉強法


人間の能力には、デコボコがあります。

 

算数は得意だけれど、国語は苦手。

 

国語は得意だけれど、算数は苦手。

 

どちらも得意だけれど、スポーツは苦手。

 

全部得意だと、苦手な人の気持ちがわからない……

 

そして、人それぞれ、得意不得意がズレているために、アドバイスが有効に伝わらない、という現象が起きます。

 

算数の得意な人が、国語の先生に、国語の勉強方法を教わるとき、このことを心に留めておく必要があります。

 

国語の先生は、

  • 「国語は論理が大切」
  • 「解答は、すべて本文の中にあるから、本文をよく読みなさい」

と、アドバイスします。

 

そこで、算数の得意な人が、言われた通りに解答すると、

  • 「君の解答は、論理的ではない」
  • 「本文をよく読みなさい」

と言われます。

 

では、どのような解答が論理的なのか?

 

その先生の模範解答や解説を聴くと(読むと)、

  • 「全然論理的じゃないぞ。支離滅裂(しりめつれつ)じゃないか?」
  • 「本文に書いてないことを、自分でつけ加えているじゃないか?」

と思うようなことが書いてある。

 

う~ん。わけがわからん。

 

この先生、頭、大丈夫か?

 

それとも、こっちの頭がおかしくなったのか……

 

こうして、国語への苦手意識が増していきます。

 

なぜ、このようなちぐはぐが起きるのでしょうか?

 

それは、国語の先生が言う「論理」と、算数の得意な人が考える「論理」が、異なるからです。

 

つまり、「国語の論理」と「算数の論理」は、違うのです。

 

算数の論理は、純粋な論理です。社会常識など、関係ありません。

 

だから、算数には、天才少年少女が存在するのですね。

 

社会常識など知らなくても、自分の頭の中だけで、どんどん論理展開できます。

 

「天才」とまではいかなくても、難関校の算数の問題に対処できる小学生の論理的思考力は、平均的な大人のそれを、上回っています。

 

彼らに向かって、「国語は論理が大切です」とアドバイスすると、彼らの論理的思考力はフル回転し、国語で求められる論理的思考力を大きく超えてしまいます。

 

論理的に鋭どすぎるのです。

 

これを、国語の先生は、「屁理屈(へりくつ)」と呼びます。

 

では、国語の先生は、何を根拠に、国語の先生を務めているのでしょうか?

 

それは、「社会常識」です。

 

社会常識がどこにあるのかを言い当てる能力が、根拠になっています。

  • 「普通の人なら、このようなことを、こう判断するよね」
  • 「普通の人なら、このような場面で、このような気持ちになるよね」

ということを、わきまえていて、それを根拠に、問題、解答を作成しています。

 

論理、論理と言っていても、その論理を一皮めくれば、そこには社会常識(多数派の価値観)が現れます。

 

国語の論理は、純粋論理ではなく、社会常識に基づいた論理なのです。

 

ですから、本文に直接書いていないことでも、社会常識上、当然導かれる結論であれば、その先生にとっては、「本文に書いてあること」なのです。

 

社会常識に乏しい小学生にとっては、「本文に書いてないこと」なのですが……

 

そのようなわけですから、算数が得意(で国語が苦手)な小学生に対しては、

  • 「国語では、論理的思考力を振り回しすぎないこと」

と、アドバイスするべきです。

 

さらに言うと、物語文では、

  • 「論理的思考力を封印せよ」

というアドバイスも必要かもしれません。

 

「二元論」でもお話しているように、理性と感情は、対立するものです。

 

つまり、「登場人物の気持ち」は、「論理」では、説明できません。

 

人の気持ちは、矛盾に富み、複雑で、デリケートなものです。

 

しかも、ある程度、自分が経験しないと、理解できない部分もあります。

 

小説を読んで理解するにも、限界があります。

 

そのように考えると、「学校」って大切だなと、つくづく思います。

 

特に、休み時間、給食、放課後など、教科の授業以外の時間も、とても大切です。

 

友達とふれ合う中で、様々な経験をし、様々な感情を味わってこそ、物語文の読解力が身につきます。

 

机の上で、問題集を解くだけでは、足りないのです。

 

国語の勉強に必要なものは、文法や、読解の技術だけではありません。

 

社会常識と、人生経験、コミュニケーション能力、人間観察力も、大切です。

 



レッツ算数教室

お問い合わせ
電話 03-3304-7817 

お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。