恵泉 算数 対策 2018年


傾向

恵泉2018年(A)算数は、例年通りの出題傾向、難易度でした。

 

順に見ていきましょう。

 

大問1「計算問題」

 

(2)で、一瞬、通分に戸惑うかもしれません。

 

38=19×2、114=19×6です。

 

大問2

 

(1)「平面図形」

 

三角定規の3つの角は、常識です。

 

45度をもう一か所書き込むと、アを含む四角形の内角がわかってきます。

 

(2)「場合の数」

 

6個の点から4個の点を選ぶ「組み合わせ」は、6個の点から「選ばない」2個の点を選ぶ「組み合わせ」に等しい。

 

よって、6×5÷2=15通り。

 

ところが、GHIの3点を同時に選んでしまうと、残りの1点をDEFどれを選んでも、三角形になってしまう。

 

15ー3=12通り(答え)

 

 

(3)「比合わせ」

 

3:1と5:1。全体を12にすると、9:3と10:2。

 

差の1が10個。12で120個(答え)

 

(4)「数の性質」

 

「余りが13」なので、先に余りを引いておけば、割り切れます。

 

87-13=74。198-13=185。

 

74と185の最大公約数は37(答え)

 

大問3「平面図形」

 

(1)「比合わせ」

 

BG:GD=3:5。BE:ED=1:1。よって、3:1:4(答え)

 

(2)三角形BFG:三角形BCE=3×3:4×5=9:20。

 

差の11が22㎠。1が2㎠。

 

よって、三角形BCEの面積は40㎠。平行四辺形ABCDの面積は160㎠。(答え)

 

大問4「3段つるかめ」

 

「園児1人につき保護者1人は必ず付き添う」

 

「園児1人につき保護者は1人まで」

 

要するに、園児1人と保護者1人がセット。平均すると、1人400円。

 

400円と750円のつるかめで、合計180人、90900円。

 

よって、園児と保護者合計で、126人。園児は63人。(答え)

 

大問5「進行グラフ」

 

(1)急行電車と普通電車が出会った地点はAB間を18:(27-18)=18:9=2:1に分ける地点。

 

よって、18×3=54分後(答え)

 

(2)54+1=55分後に、急行電車はどこにいるか?

 

55-(27+4)=24。すなわち、Bを出発してから24分後。片道27分なので、9分の8まで、戻っています。残り9分の1。

 

9分の9の時18分後にすれ違っているので、18÷9=2より、2分後にすれ違います。

 

55+2=57分後。

 

1回目にすれ違ってからは、57-18=39分後。(答え)

 

対策

全体的にオーソドックスな出題です。

 

とはいえ、「比合わせ」や、「3段つるかめ」「進行グラフ」など、中学受験・算数に特有の高度なテクニックが出題されています。

 

きちんと準備していないと、難しいでしょう。

 

また、「場合の数」では、3点が一直線になってしまい、四角形にならない場合に気づくかどうか、問われています。

 

これも、間違えやすいところ、引っかかりやすいところなのです。

 

日ごろから、独特のテクニックを使う問題、間違えやすい問題について、ノートにメモを残しておくなどの対策が有効です。



志望校別・傾向と対策

ご入会・システム

ホーム

お問い合わせ

電話 03-3304-7817

レッツ算数教室

中野坂上駅前(丸の内線・大江戸線)
東京都中野区本町1ー23-7 

お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。