市川中学の算数


速報! 市川 2022年

傾向

市川中学の算数は、例年、大問6問で構成されています。

 

大問1は、様々な分野の小問5問。大問2以降は、それぞれテーマをもった応用問題が並んでいます。

 

応用問題の小問数は、必ずしも一定していません。2017年第2回大問6のように、小問5問で構成されている時もあれば、2018年第2回大問6のように、1問だけの時もあります。

 

小問単位で数えた問題数が、毎年毎回異なるので、配点が読みにくいです。

 

1、頻出分野について

 

問題数が多く、大問1の小問群もあるので、まんべんなく多くの分野から出題されています。中でもよく出るのは、「平面図形」「規則性」「点の移動(速さ)」あたりです。

 

点の移動は、平面図形や規則性とからめて、融合問題として出題されることが多いです。

 

2、難易度について

 

難易度は、易しい問題から、難しい問題まで、幅広く出題されています。

 

難問の配置場所は特に決まっていません。大手塾の公開模試のように、易しい問題から、難しい問題へと並んでいるわけではなく、全体的にポツポツと点在しています。

 

年度や回によって、大問の(1)が易しく、(2)が難しいこともあれば、大問ごとに、易しい大問と難しい大問が交互に並んでいることもあります。

 

ただし、易しい問題は徹底的に易しく、難しい問題は徹底的に難しい傾向にありますから、取捨選択しやすいでしょう。受験者平均点が50%前後というのがそのあたりの事情を表しています。

 

おそらく、多くの受験生の答案は○×○×○×・・・となっているのではないでしょうか。

対策

「傾向」で述べたように、易しい問題と難しい問題の差が大きく、しかも点在しているわけですから、対策としては、「取れる問題を確実に取る」ということになります。だれでも解ける、易しい問題を落とすと、追いつくのが非常に難しくなります。

 

このことは、どの学校にも言えることですが、市川中学の受験生にとっては、特に大切でしょう。

 

日頃から、基本問題、定番問題を幅広くつぶしておくべきです。それには、コンスタントに、コツコツ勉強することが大切です。

 

また、難しい問題を見たときに、頭にか~ッと血が上って、わけがわからなくなると、終わります。難問でプレッシャーを感じたとき、どうやって、冷静さをとりもどすか?過去問で練習して、よく慣れておきましょう。

 

分野的には、平面図形、規則性、点の移動の「融合問題」がカギです。「動きのある平面図形」と言ったらよいでしょうか。「転がる問題」「3歩進んで2歩下がる問題」「点が移動するにつれて、三角形の面積が変わる問題」などを、よく勉強しておきましょう。



志望校別・傾向と対策

ご入会・システム

ホーム

お問い合わせ・電話

03-3304-7817

レッツ算数教室

中野坂上駅前(丸の内線・大江戸線)
東京都中野区本町1ー23-7 

お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。