雙葉 算数 対策 2021年

速報! 雙葉 2022年

目次
「傾向」 
1、概要
(1)出題分野
(2)難易度
2、各論(大問1~5)
「対策」

傾向

1、概要

 

雙葉中学2021年・算数は、例年通りの出題傾向。難易度は、易し目でした。

 

(1)出題分野

 

「割合と比」「速さ」「平面図形」「立体図形・場合の数」などから出題されました。

 

2021年は、特に「割合と比」からの出題が60%ほどを占め、圧倒的です。

 

また、「式と計算」の記述も、しっかり求められています。

 

(2)難易度

 

例年通り、易しい問題から、難しい問題へと、ほぼ順序よく並んでいます。

 

難問は、大問4と、大問5(2)②。前者は、展開図を頭の中で組み立てる難しさ。後者は計算が複雑になる難しさ。

 

それ以外の問題はかなり易しく、4年生、5年生の基本問題も、多数出題されています。

 

「出題分野&難易度マップ」を掲載致します。(難易度は、レッツ算数教室の分析によります)

 

Aが最も易しく、BCDEの順に、難しくなっていきます。

 

   出題分野&難易度マップ
大問1    
(1) 計算 A
  割合(食塩水) B
(3) 平面図形(面積) B
(4) 速さ(通過算) C
大問2 割合(相当算) C
大問3    
(1) 割合 C
(2) 割合 D
(3) 割合・つるかめ算 D
大問4 立体・場合の数 E
大問5    
(1) 仕事算・比 C
(2)① 仕事算・比 C
(2)② 仕事算・比 E

 

それでは、順に見ていきましょう。

 

2、各論

 

大問1

 

(1)「計算」

 

(2)「割合(食塩水)」

 

5年生の基本問題です。

 

(3)「平面図形(面積)」

 

4年生の基本問題です。

 

(4)「速さ(通過算)」

 

5年生の基本問題です。

 

大問2「割合(相当算)」

 

5年生の基本問題です。

 

ここまで、満点を目指しましょう。

 

大問3「割合・つるかめ算」

 

(1)は10800÷90÷0.96=125人で、これも5年生の基本問題ですが、(2)から少し難しくなります。

 

本問では、「大人」「中人」「小人」の3種類が登場し、難しそうですが、「小人」について、条件がくわしく設定されています。

 

そこで、全体から、「小人」部分を切り離すと、残りは「大人」「中人」の倍数算、つるかめ算になります。

 

大問4「立体図形・場合の数」

 

本年度の雙葉で、最も難しい問題です。

 

正四面体の展開図は2種類。展開図全体の形が正三角形になるもの(1種類)と、平行四辺形(向きを考えると2種類)になるものです。

 

立方体の展開図については、よく勉強してあると思いますが、正四面体も、要領は同じです。

 

立方体の展開図を「理解」していれば、正四面体の展開図も、その場で2種類と確信を持てたでしょう。

 

ただ、そうだとしても、本問ならではの難しさが残ります。

 

展開図上は異なるぬり方でも、「組み立てたとき」同じだと、同じものとしなければならないからです。

 

ポイントは、平行四辺形の傾く方向が異なっていても、組み立てると同じになる、という点です。

 

大問5「仕事算・比」

 

(1)と(2)①については、基本問題なので、どの塾のテキストでも勉強しているでしょう。

 

全体を「1」とするか?「最小公倍数」とするか?

 

計算を整数で行うには、後者が適しています。(計算の工夫)

 

本問では、全体を28と12の最小公倍数84にすると、計算が簡単になります。

 

ただ、そうしたとしても、(2)②の計算は、容易ではありません。

 

本問は、最終的な答えの分母が17であり、どんなに計算の工夫をしても、計算は大変です。

 

大問4と並び、本年度の最強問題でした。

 

対策

当ホームページ内「雙葉中学の算数」の中で述べた対策が、本年度にもそのまま当てはまります。

 

偏差値に比べ、易し目の問題が多数出題される学校です。

 

合格点は相当に高いと推測されます。

 

従って、定番問題をまんべんなく勉強し、ミスしないこと、記述力をつけることが大切です。

 

さらに、本年は「割合と比」からの出題が目立ちましたが、特に「仕事算」を比で解く問題は、雙葉の伝統でもありますから、よく準備しておきましょう。

 

厳しい社会状況の中、易し目の出題となりましたが、来年以降は、もう少し難しい問題も復活すると、現時点(2021年7月)では予想しています。

 



志望校別・傾向と対策

ご入会・システム

ホーム

お問い合わせ

電話 03-3304-7817

レッツ算数教室

中野坂上駅前(丸の内線・大江戸線)
東京都中野区本町1ー23-7 

お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。