桐朋 算数 対策 2018年


傾向

桐朋2018年第1回算数は、ほぼ例年通りの傾向、難易度でした。

 

前半~中盤は得点しやすく、最後の大問2問が、難問という構成になっています。

 

順に見ていきましょう。

 

大問1「計算問題」

 

ウオーミングアップ問題です。

 

大問2

 

(1)速さと比

(2)つるかめ算

(3)和と差の文章題

 

引き続き、ウオーミングアップ問題です。

 

大問3「平面図形と比」

 

たとえば、三角形AEH:三角形ABD=AE×AH:AB×AD=1×2:2×3=1:3です。(定番問題)

 

この要領で、すべて解けます。

 

大問4「割合」

 

これも、定番問題。特にコメントはありません。

 

大問5「速さ」

 

速さの入試問題なのに、比を使わなくても解けます。つまり、4、5年生でも、解けるということです。(1)(2)は絶対に落とせません。

 

ところが、(3)は結構、難しくなります。

 

「BがQ地点を通ってから30秒後にCがQ地点を通りました」ということです。

 

これを、「CがBより30秒早く出発していれば、BCはQ地点で出会いました」といいかえると、簡単になるでしょう。単純な出会い算になります。

 

これをヒントに、解いてみて下さい。

 

大問6「数の性質」「論理」

 

(1)いきなり難問です。aもbも2より大きい素数です。つまり、奇数です。奇数どうしの差は、偶数です。これが素数だというのですから、2しかありません。答え2。

 

(2)仮に、dが2でないとすると、cもdも、2より大きい素数、すなわち、奇数です。その和は2より大きい偶数です。これは、素数になりません。したがって、d=2。あとは、50より小さい素数をすべて書き出しておいて、2と足します。素数となるものが答え。

 

(3)d=2とa=b+2より、順に試すのですが、意外とすぐに調べ終わります。

 

大問6は3問とも、かなりの難問です。

 

大問7「論理」

 

(1)Aの数に、その2倍の数を足す、ということは、3倍するということです。Aの数を3倍したときの1の位が、Bの数となります。

 

つまり、BからAを求めるには、とりあえずBの数を3で割ればよい。

 

4÷3のように割り切れなければ、14÷3、24÷3と順に試して、割り切れたらそれが答えです。

 

(2)アが大きい方がいいですね。9、8と順に試してみましょう。これで解けるのかな?と心配になりますが、やってみると、アが決まると、いもづる式にイウエも決まります。

 

(3)難問です。Aの数字に対し、Bの数字が何になるか、和の1の位がいくつになるか、対応表を作りましょう。

  • A1234567890
  • B3692581470
  • 和4826048260

「和」の欄に、5がありません。これは、AとBの和「5532」の「5」が4から1繰り上がって5になったものであることを示しています。すなわち、Aの千の位は1に確定です。Aの百の位は6に確定です。

 

3もありません。これは、AとBの和「5532」の「3」が2から1繰り上がって3になったものであることを示しています。和が2はA=3または8。すなわち、Aの下2ケタは、33,38,83,88に確定です。

 

答え、1633,1638,1683,1688

 

これをヒントに、自分でも試してみましょう。本問は非常に難しく、本番では、捨て問です。

対策

前半~中盤が得点しやすく、終盤に難問が並んでいます。

 

よって、問題を解く順番や、捨て問の選び方について、特に対策は必要ありません。

 

順に解いていって、難しくなってきたら、ちょうど時間もなくなり、試験終了、でしょう。

 

このような構成ですから、中盤までの得点しやすい問題を、いかに確実に解くか?ということが、最大の対策になります。

 

この点、

  • 「文章題」(大問2)
  • 「平面図形」(大問3)
  • 「割合」(大問4)
  • 「速さ」(大問5)

と、中学受験算数でもっともオーソドックスな分野から、偏りなく、無理のない出題がなされています。

 

ですから、ふだんの勉強でも、当たり前の勉強を、無理なく、ムラなくこなすことが、対策として適切です。



志望校別・傾向と対策

ご入会・システム

ホーム

お問い合わせ

電話 03-3304-7817

レッツ算数教室

中野坂上駅前(丸の内線・大江戸線)
東京都中野区本町1ー23-7 

お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。