桜蔭 算数 対策 2023年


目次
「傾向」 
1、概要
2、各論(大問1~4)
「対策」

傾向

1、概要

桜蔭2023年算数は、やや難化しました。

 

単に作業量が多い問題のみならず、論理的に難しい問題が増加しました。

 

出題分野は、「集合」「植木算」「場合の数」「立体図形」がメインです。

 

このうち、「集合」「場合の数」が、論理的に難しい問題となっています。

 

出題分野&難易度マップを掲載いたします。(難易度はレッツ算数教室の分析によります)

 

Aが最も易しく、BCDEの順に難しくなっていきます。

   出題分野&難易度マップ
大問1    
(1) 計算問題 A
(2) B
(3)① 集合 B
(3)② 集合 D
(3)③ 集合 E
大問2    
(1) 植木算 B
(2) 植木算 C
(3) 植木算 C
(4) 植木算 D
大問3    
(1) 場合の数 C
(2)① 場合の数 C
(2)② 場合の数 E
大問4    
(1) 立体図形 B
(2) 立体図形 C
(3) 立体図形 E

それでは順に見ていきましょう。

2、各論(大問1~4)


大問1(1)(2)

 

(1)は計算問題、(2)は「比」ですが、ほぼ計算問題です。


大問1(3)「集合」

 

「長文&グラフ読み取り」の新傾向タイプです。

 

①は簡単ですが、②から難しくなります。

 

集合の問題では、ベン図や表をかくことが多いと思われますが、本問は線分図が有効です。

 

A、B、Cのうち、Bだけ条件がそろっているので、ここから入っていくと良いでしょう。


大問2「植木算」

 

論理的には簡単ですが、ミスしやすい問題です。


大問3「場合の数」

 

(1)と(2)①を解いているうちに、指定されたルールに慣れ、要領がつかめてきます。

 

例えば

  • 勝ち方は15通りある
  • 引き分けの直後に1点取るということは、引き分けの「目」は1である

といったことがわかってきます。

 

これらと、A、Bの点の取り方(下の表)から、求めます。

  1回目 2回目 3回目
パターン1
A 0点 0点 0点
B 0 0 0
パターン2
A 1 0 0
B 0 1 0
パターン3
A 1 0 0
B 0 0 1
パターン4
A 0 1 0
B 1 0 0
パターン5
A 0 1 0
B 0 0 1
パターン6
A 0 0 1
B 1 0 0
パターン7
A 0 0 1
B 0 1 0

パターン1は、6×6×6=216通り

 

パターン2、4は15×15×6=1350通り

 

パターン3、5、6、7は

15×1×15=225通り

 

合計3816通り(答え)


大問4「立体図形」

 

定番問題です。

 

計算ミスに気をつけましょう。


対策

・本年度は、大問1(3)、大問3など、論理的に難しい問題が出題されています。

 

特に、大問3「場合の数」は、問題文の指定するルールを注意深く読み取った上で、慎重に場合分けする必要があります。

 

「問題を解くには、すべてのルールを使うはずである、」という前提に立って、未使用のルールがないか、チェックしましょう。

 

・他方、どこかで見たような問題、定番問題については、簡単そうに見えても、作業量が多かったり、ミスしやすかったりしますから、気が抜けません。

 

 

いずれにしても、試験時間中、常に、高い注意力、高い集中力が求められています。



志望校別・傾向と対策

ご入会・システム

ホーム

お問い合わせ

電話 03-3304-7817

レッツ算数教室

中野坂上駅前(丸の内線・大江戸線)
東京都中野区本町1-23-7

お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室&家庭教師センター

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室&家庭教師センターが独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。