頌栄女子学院中学の算数


傾向

頌栄女子学院中学の算数は、例年、大問5問で構成されています。

 

大問1は、計算問題と、様々な分野からの小問群。大問2~5は、それぞれテーマをもった応用問題が並んでいます。

 

問題数が多いので、出題分野は、「平面図形」「立体図形」「数の性質」「割合(食塩水、売買)」「速さ」「論理パズル」などと、はば広くなっています。

 

難易度は、年度により異なるようです。平成28年は易し目でしたが、29年、30年と、かなりの難化が進みました。

 

頌栄独特の特徴を、3点述べます。

 

1、易しそうに見えて、けっこう手間のかかる問題がある。

  • 29年第2回大問1(2)

2、かつては難問だったが、今では有名な定番問題となっている問題が、よく出る。

  • 29年第1回大問3
  • 29年第2回大問1(5)
  • 28年第2回大問1(8)
  • 27年第1回大問1(2)

3、それほど難しくない問題で、答えの求め方を、記述式で問われる。

  • 29年第1回大問5(1)
  • 29年第2回大問4(1)(2)

ほか多数。

 

また、学校公表の合格者平均点、受験者平均点を見ると、算数は16~17点も差がつく年が、けっこうあります。

 

頌栄合格のカギは、算数がにぎっていると言えます。

対策

合格者平均点をとるのに、難問が解ける必要はありません。ほどほどのレベルの問題を、確実に取れれば、OKです。それが、なかなか大変ではありますが。

 

その上で、先ほどの1~3について、対策を立てましょう。

 

1について。

 

大問1の小問群は、小問であるため、易しいと思われがちであり、実際、易しい問題が多いのですが、この中に1問だけ難しい問題を混ぜられると、混乱しがちです。

 

特に、29年第2回大問1(2)などは、易しそうに見えて、答えを出すのに手間どります。

 

試験開始直後の緊張している中、けっこうきついでしょう。

 

「小問でも、難しい問題がある」ということを、よく肝に銘じて、動じないようにしましょう。

 

2について。

 

たとえば、28年第2回大問1(8)。解き方を知っているかいないかで、「天地の差」です。

 

このような問題は、大手塾の上位クラスでは、必ず勉強するのですが、そうでないクラスでは、ここまで手が回っているか、微妙です。これ以前に勉強すべき基本問題が、たくさんあるからです。

 

手が回っていない人は、何らかの方法で、補うべきでしょう。レッツ算数教室でも、生徒さん1人1人の志望校、併願校の状況に合わせて、対策しています。

 

3について。

 

ここも、合否を大きく分けるポイントでしょう。

 

難問ではないので、答えを出せる人も多い。でも、きちんと説明できないと、点にならない。

 

ふだんから、解き方暗記ではなく、理解できていたかで、差がつきます。



志望校別・傾向と対策

ご入会・システム

ホーム

お問い合わせ

電話 03-3304-7817

レッツ算数教室

中野坂上駅前(丸の内線・大江戸線)
東京都中野区本町1ー23-7 

お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。