出題傾向の「突然の変化」に備えて


6年生の2学期になると、志望校別対策が本格化します。

 

あなたも、志望校の「傾向と対策」に基づいて、勉強に励まれていることと思います。

 

レッツ算数教室でも、志望校別・傾向と対策には、特別、力を入れております。

 

ところで……

 

もし、本番で、突然、出題傾向が変わったら、どうしましょう?

 

「毎年、毎年、立体切断問題が出題されていたから、あんなに準備して、得意分野にしたのに、本番で出なかった……」

 

「平面図形が定番だから、ここで得点しようと思って、徹底的に準備して、自信をもって本番に臨んだのに、今年は平面図形が超難問で、手も足も出なかった……」

 

「マジかよ……」

 

「こんなハズじゃなかった……」

 

残念ですが、普通にあることです。

 

「想定外でした」

 

などというのは、言い訳になりません。想定しておくべきです。

 

 

出題傾向は、学校の伝統と結びついているので、基本的には、急激に変わることはありません。

 

でも、

  • 教育改革、入試改革に対応して、学校全体が、出題傾向を見直す場合
  • 出題陣が入れ替わる場合
  • 学校の偏差値が急上昇、急降下している場合

などには、出題傾向や難易度が、大きく変わることがあります。

 

そうすると、志望校の傾向に特化して勉強してきたことが、裏目に出てしまいます。

 

これに対して、どのような準備をすればよいのでしょうか?

 

ここで、「そもそも、志望校対策とは何なのか」ということを、考え直してみる必要があります。

 

おさえ校、すべり止め校について、志望校対策に全力を尽くす人は、いないでしょう。

 

特別な対策を必要とするのであれば、もはや、おさえ校とは言えません。

 

つまり、志望校対策とは、ある意味、「弱者の戦略」なのです。

 

「全部に手が回らないから、よく出る分野にしぼって、ヤマをはりましょう」

 

「全部の出題形式(記述式・選択式など)に手が回らないから、よく出る出題形式にしぼって、ヤマをはりましょう」

 

ということなのです。

 

全部に手が回るなら、それに越したことは、ありません。

 

これこそが最強。

 

「強者の戦略」です。

 

余裕がある人は、全部勉強しましょう。

 

その上で、傾向と対策に合わせて、ダメ押しの勉強をしましょう。

 

志望校別対策は、「おまけ」です。

 

そうすれば、出題傾向の変化とは関係なく、異次元の強さで合格できます。

 

 

全部勉強するのは、ムリ。キャパを越えている、という人は、どうすればよいでしょうか。

 

ここで、あなたのライバルは、皆、小学生であることを、思い出しましょう。

 

しかも、あなたと同じ学校を受験しているわけです。

 

それほど大きな能力差はありません。

 

ですから、

 

「ライバルに負けなければよい」

 

という戦略を立てましょう。

 

全部勉強できる人なんて、いない。

 

だから、ライバルが勉強していることさえ「全部」勉強しておけば、少なくとも負けることはない。

 

これで、不合格にはなりません。

 

つまり、合格できます。

 

では、ライバルがどこまで勉強しているかを、どうやって把握するのでしょうか?

 

ここが難しい所です。

 

たとえば、ある中学校の合格者占有率を、A進学教室と、B進学教室が競っているとします。

 

どちらの進学教室でも教えていることが出題されれば、差はつきません。

 

でも、A進学教室で教えているけれども、B進学教室では教えていない問題が出題されると、A進学教室に通っている受験生が、圧倒的に有利になります。

 

そこで、レッツ算数教室では、B進学教室の生徒様に対しては、B進学教室で教えていない問題について、補充する、という対策を致します。

 

(もちろん、A進学教室の生徒様にも、逆の補充を致します)

 

このように準備しておけば、出題傾向が突然変わっても、

 

「できない問題は皆もできない」

 

ということで、実力通り、合格を勝ち取ることができます。

 



レッツ算数教室

お問い合わせ
電話 03-3304-7817 

お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。