香蘭女学校中等科の算数


傾向

香蘭女学校中等科の算数は、例年、大問3問で構成されています。

 

大問1は、独立した14の小問群に分かれています。

 

計算問題、割合、比、速さ、図形、文章題、単位換算など、はば広い分野から出題されています。

 

いずれも、中学入試問題の定番であり、基本的な出題ですが、中には、やや難しい問題も含まれています。

 

大問2は、小問4問からなる応用問題で、論理、推理、条件整理などの分野から出題される傾向にあります。

 

大問3も小問4問からなる応用問題で、平面図形、立体図形から出題される傾向にあります。「三角形の相似」を用いる問題が、よく見られます。

 

小問が全部で22問出題され、そのうちの6割(約14問)できれば、ほぼ合格でしょう。

 

香蘭では、4教科の合計点よりも、算数国語の合計点を重視するので、さらに高得点をねらいたいところです。

対策

大問1の小問は、塾のテキストや、学習参考書にのっている問題が多いので、まずはここを確実に固めることが大切です。

 

1問1問は易しくても、14問が束になると、けっこう時間がかかります。「速く、正確に」が求められます。

 

そのためには、問題文を見た瞬間に解法が思いうかぶように、慣れておきましょう。

 

過去問との関連も強いので、過去問をくり返し解くのも良いと思います。

 

計算のスピードも、練習すればどんどん速くなります。

 

努力が報われる試験です。

 

「計算ミスを減らすには、どうしたらいいですか?」という質問を、よく受けます。

 

「注意するしかありません」などというアドバイスしかできない先生は、論外です。

 

計算ミスは、計算するから起きる。それならば、計算量を減らせば、ミスも減る。というわけで、「計算の工夫をすれば良い」というのが、とりあえずの答えでしょう。

 

が、実は、これだけでは全く不十分。計算の工夫のしかたを考えるのに時間がかかってしまい、かえって点数が下がる人もいます。

 

レッツ算数教室では、必要に応じて「エラーノート」を作り、1人1人に固有の対策をしています。

 

そして、「ちょっと難しいな」と思った問題は、後回しにする要領も大切です。難しい問題に引っかかって、易しい問題を解く時間が無くならないよう、時間配分にも気をつけましょう。

 

基本的には、易しい問題から難しい問題の順に並んでいますが、大問2より大問3の前半の方が、易しいこともある、ということを、頭に入れておくとよいでしょう。

 

でも、

  • 「この問題は、他の受験生にとっても難しいのか?それとも、難しいと感じているのは、自分だけなのか?」
  • 「もう少しで解けそうだけれども、解けない。捨てるべきか、ねばるべきか?」

悩みは尽きないと思います。結局は、ふだんのテスト直しの段階から、適切に検討すべき問題です。



香蘭対策ページ

算数の成績を上げる!

志望校別・傾向と対策

ご入会・システム

ホーム

お問い合わせ

電話 03-3304-7817

レッツ算数教室

中野坂上駅前(丸の内線・大江戸線)
東京都中野区本町1ー23-7 

お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。