成績上がってる?下がってる?


いきなりですが、次の例をご覧ください。

 

この子の成績は、上がっているのでしょうか?それとも、下がっているのでしょうか?

 

テスト 偏差値
4月第1回  60 
4月第2回 61
4月第3回 62
4月第4回 63
5月第1回 55
5月第2回 55
5月第3回 52
5月第4回 49

 

4月の第4回までは、順調に成績をのばしているのに、5月に入ると急降下。

 

偏差値は63から49に下がった!成績が下がった!と感じます。当然ですね。

 

では、テスト範囲について、つけ加えてみましょう。

 

テスト 偏差値
4月第1回・文章題1  60
4月第2回・文章題2 61
4月第3回・文章題3 62
4月第4回・文章題4 63
5月第1回・平面図形1 55
5月第2回・平面図形2 55
5月第3回・平面図形3 52
5月第4回・平面図形4 49

 

4月は、文章題でしたが、5月に入ると平面図形からの出題に変わりました。

 

つまり、この子は、文章題は得意だけれども、平面図形は苦手である、という可能性も出てきました。

 

この場合、5月に入って成績が下がった、と判断するのは、あまりにも短絡的です。

 

4月は得意の文章題で、気分良く勉強できたので、だんだん偏差値が上がっていった。

 

ところが5月に入ると、苦手の図形問題になり、偏差値が急降下。

 

自分では4月以上にがんばっているのに、回を重ねるごとに応用問題が難しくなり、手に負えなくなっていった。

 

最後は、偏差値49。最悪……

 

では、逆に、この塾のカリキュラムが、4月平面図形、5月文章題だったとしたら、どうなっていたでしょう?

 

おそらく、この子の成績は、4月が最悪で、5月に入ると絶好調になっていたのです。

 

成績は上がっている!

 

と、感じられたことでしょう。

 

でも、実態は同じこと。ただ、気分の問題です。

 

このように、塾のカリキュラムの順番によって、成績が上がったり、下がったりしているように「感じられる」ということが、実に多いのです。

 

このような錯角から抜け出し、客観的に状況判断するには、どうすればよいでしょうか?

 

一つには、過去のデータと比較することです。

 

4か月前、文章題に取り組んでいたときの偏差値は、どうだったか?

 

4か月前、平面図形に取り組んでいたときの偏差値は、どうだったか?

 

それらと比べ、今回はどうか?

 

このように、過去の同じ分野のテストと比べると、カリキュラムの順番に惑わされることがなくなり、見えるものが変わってきます。

 

 

現実には、カリキュラムの順番以外にも、様々な要素が、偏差値に影響を与えます。

  • 5月は運動会の練習が始まって、疲れて勉強できなかった。
  • 水泳の授業が、ちょうど塾の算数の曜日と重なって、算数の授業の日だけ、塾で居眠りが続いた。
  • 4月の成績がよく、クラスが上がったら、上のクラスの授業は進み方が速く、ついて行けなかった

他にも、色々あります。

 

これらのことを十分に考慮しながら、成績が上がっているのか、下がっているのか、判断しましょう。

 

レッツ算数教室

お問い合わせ
電話 03-3304-7817 


お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。