海城中学の算数


速報!海城2022年

傾向

海城中学校の算数は、例年、大問6問で構成されています。

 

大問1は、様々な分野の小問群。大問2からは、それぞれテーマのある応用問題となっています。

 

大問1の小問では、平面図形(角度・面積と比)が大変よく出ます。食塩水、数の性質なども頻出です。

 

大問2以降の応用問題では、立体切断、場合の数、三角形の相似関係が、特に目を引きます。

 

問題数が多いので、すべての分野からまんべんなく出ると言っていいでしょう。

 

難易度は、基本的なものから難問まで、はば広く出題されています。

 

全体的に、個性的な出題というよりも、「典型的な中学受験の算数」が出ますから、どのような学校を受験する人にとっても勉強になる、栄養価の高い問題が勢ぞろいしている感じです。

  • 「1問たりとも無駄がない」

のが、海城の算数の特徴でしょう。

 

また、算数は合格者平均点と受験者平均点が15~20点も開いています。他の科目は10点未満です。

 

海城の合否は算数で決まります。

対策

オーソドックスな問題が多いので、奇をてらった特別な対策は必要ありません。逆に塾のテキストの問題をモレなくマスターするように努めるべきです。

 

あとは、本番で、どの問題をとり、どの問題を捨てるか、見きわめる力をつけることになります。

 

問題は大きく3種類に分かれます。

  • タイプ1、典型的な問題で、難易度は中~中の上
  • タイプ2、典型的な問題で、解き方はすぐわかるが、計算や書き出しに手間がかかり、やっかいな問題。
  • タイプ3、難問。海城の受験生なら、時間をかければ解けるかもしれないが、時間内は厳しい。緊張していると、解き方も思いつかないかもしれない。

ここで、1は絶対に落とせません。ここで落としていると、苦しくなります。問題は2と3です。

 

2と3を全部落とすと、合格者平均点ぎりぎりになります。「まあ受かる」とも言えますが、年度によっては危ないでしょう。1で思いがけないミスをしているかもしれませんから、その分を取り返すためにも、2、3の一部は取りたいところです。

 

あるいは、他の科目で苦手科目があり、その分を稼ぎたい人もいるでしょう。

 

ですから、やはり、手間のかかる問題や、一部の難問も、日頃から練習しておくべきです。

 

「大量に書き出すとき、どのようにすれば効率がよいか?ミスしないか?」といったことは、事前によく考えておくべきです。

 

また、三角形の相似を使った難問、立体切断の難問は、出題可能性が高いので、積極的に取り組んでおくべきです。



ホーム

お問い合わせ

電話 03-3304-7817

レッツ算数教室

中野坂上駅前(丸の内線・大江戸線)
東京都中野区本町1ー23-7 

お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。