立教新座中学の算数


傾向

立教新座の算数は、例年、大問5問で構成されています。

 

大問1は、計算問題を含む様々な分野からの小問群。大問2以降は、それぞれテーマをもった応用問題が並んでいます

 

よく出る分野は、「平面図形」「立体図形」「規則性」などです。

 

「平面図形」は、角度、面積ともに、よく出ます。

 

「立体図形」は、切断、くり抜き、回転体などが出ます。

 

他には、「仕事算」「つるかめ算」などが、よく出ています。

 

全体的に、中学受験算数のオーソドックスな問題が並んでおり、難易度は難し目。時々、難問も出ています。

 

2020年大学入試改革に伴い、男子難関校では、問題文の長文化が進んでいます。大学附属校の立教池袋でも、その影響からでしょうか、長文化が進んでいますが、立教新座では、今のところ、長文化は見られません。

対策

問題文を見た瞬間、「どの分野からの出題なのか、全く見当もつかない」という問題はあまり出題されません。どこかで見たことのある問題が多いです。

 

ただし、「だから易しい」というわけにはいきません。そこは難関校の問題ですから、一筋縄ではいかないところがあります。

 

たとえば、2018年第1回大問4。どこにでもある「規則性の表」です。「平方数に注目して解きましょう」と、教わってきたはずです。

 

でも、小問(2)(3)などは、平方数が今ひとつ、役に立ちません。

 

「それでは、仕方がない」

 

というので、バカ正直に全部足すのは、手間がかかりすぎます。

 

ここのところを、どう工夫するか?手腕が問われます。

 

あるいは、2017年第1回大問3.どこにでもある「最小公倍数」の問題です。「周期(最小公倍数)まで地道に書き出して、後は計算で求めましょう」と、教わってきたはずです。

 

でも、本問の最小公倍数は60。ちょっと手間がかかり過ぎです。

 

ところが、「緑の5秒」を除くという工夫をすると、最小公倍数は12。これで多少はラクになります。

 

つまり、日ごろから、手間のかかる問題に対して、「少しでも簡単にする方法はないか?」と工夫する習慣があると、立教新座の問題に強くなるでしょう。

 

工夫のしかた、発想法については、このホームページでもご紹介しています。(算数の成績をあげるには?)



立教新座対策ページ

(青い文字をタップ、クリック)
立教新座 算数 対策 2021年 

算数の成績を上げる!

志望校別・傾向と対策

ご入会・システム

ホーム

お問い合わせ

電話 03-3304-7817

レッツ算数教室

中野坂上駅前(丸の内線・大江戸線)
東京都中野区本町1ー23-7 

お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。