四谷大塚|予習シリーズ算数・6年夏期

予習シリーズ算数・6年夏期について、大まかなイメージをお伝えします。

 

ズシリと手ごたえがあります……

 

前半と後半に大きく2分されています。

 

前半は難関校向け、後半は中堅校向けという理解でよいと思います。

 

前半の難関対策は、

  1. 基礎特訓
  2. 練習問題
  3. 応用問題

の3つのカテゴリーに分かれています。

 

後半は

  1. 基礎特訓
  2. 練習問題
  3. ステップアップ問題

の3つのカテゴリーに分かれています。

 

これら6つのカテゴリーで、最も基本的なのが、後半の基礎特訓。

 

前半の基礎特訓と、後半の練習問題が、ほぼ同じレベル。

 

前半の練習問題と、後半のステップアップ問題が、ほぼ同じレベルです。

 

 

前半

後半
レベル1   基礎特訓
レベル2 基礎特訓 練習問題
レベル3 練習問題 ステップアップ
レベル4  応用問題   

 

1、難関校、中堅上位校を受験する場合、レベル2までは、絶対落とせません。

 

レベル3が合否を分けるでしょう。

 

一部の男子超難関校では、レベル3までは正答率が高くなるので、レベル4でどのくらい健闘できるかが、最終的に勝負のカギを握るでしょう。

 

2、中堅下位校を受験する場合、レベル1、レベル2を固めることが大切です。

 

 

このように、四谷大塚の6年夏テキストは、あらゆるレベルの問題を取りそろえています。

 

ですから、苦手分野については、基礎的なレベルの問題に立ち返って、復習することができます。

 

得意分野については、上位レベルの問題に挑戦することもできます。

 

さらに、同じレベルの問題でも、前半と後半とで、同じ問題を使い回しすることはしていません。(さすがです!)

 

ですから、レベル3を鍛えたい人は、前半の練習問題と、後半のステップアップ問題の両方に取り組むこともできます。

四谷大塚関連ページ



レッツ算数教室

お問い合わせ

電話

03-3304-7817

ご入会・システム


お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。