サピックス|マンスリーテスト対策


平常授業をこなしながらのマンスリー対策、大変ですよね。

 

しかも、せっかくマンスリーでコツコツとクラスを上げても、組分けでド~ンと落ちては、元も子もありません。

 

「サピックス先生、ごめんなさい。組み分け、休んじゃおうかな?」

 

悪魔のささやきが、聞こえてきます……

 

そんなあなたのために、

 

効率よくマンスリーを乗り切り、その勉強を組み分けにも生かす方法

 

を、ご案内します。

マンスリーあるある

マンスリーは、ほとんどの問題が、基礎トレとデイサピから出題されると言われています。

 

これさえおぼえてしまえば、110点くらい取れて、偏差値60!

 

これでうちの子もアルファ……

 

な~んて皮算用をしていたら、

 

「やり残しがたくさん出てしまいました」

 

「3週間前にはできていた問題が、久しぶりに解いたらあやふやで、解き直しに予想外の時間がかかってしまいました」

 

計画は絵に描いた餅と化し、今回のマンスリーは失敗。

 

そこで、次回は、ち密な計画を立てます。

 

名づけて、「しぼり込み反復法」

 

マンスリーの2週間前から、テスト範囲の問題を古い順に解き直し、苦戦した問題や、わからなかった問題に印をつけておきます。(しぼりこみ)

 

これらを、直前1週間で反復して、頭にパンパンに詰め込み、マンスリーの解答用紙にドサッと落としてくる……

 

ドヤ!

 

テストが終わり、期待に胸おどらせながら蓋(ふた)を開けてみると……

 

前回より多少はできた気がするけれど、これでは全然、全然、不満!

 

大不満!!

 

「どうしてもっと取れないの?」

 

子供にたずねると、

 

「だって、こんな問題、教わってないもん」

 

と、まさかのお言葉。

 

え~っっっ!!!

 

マンスリーは数字替えが出題されるんじゃないの?

 

もう忘れちゃったの?

 

急いでデイサピ様を引っぱり出してきて、バトルの裁定を仰ぐと、確かに、問題文の表現や条件が少し違う。

 

でも、ほんのちょっとなのに……

 

偏差値60が、蜃気楼(しんきろう)のように、遠ざかっていきます。

マンスリーは数字替え、という誤解

デイリーチェックは全問、数字替えです。

 

でも、マンスリーは、数字替えだけではありません。

 

その結果、デイリーチェックで満点を連発していながら、マンスリーでは偏差値50取れない子が出てきます。

 

この傾向は、学年が進むにつれ、顕著になっていきます。

 

確かに、大人の目線からみると、マンスリーは大部分が数字替え問題でうめ尽くされています。

 

でも、本当に小学生を理解している受験指導者(たとえば、サピの出題担当の先生)には、デイリーチェックとマンスリーの間に横たわる段差が見えています。

 

この段差は、しぼり込み反復法で乗り越えることができません。

 

パターン暗記で乗り越えることができません。

 

段差を乗り越えるには、教わった解法の意味を、よく理解している必要があるのです。

 

「しぼり込み反復法」によって偏差値60を取っているように見える子は、実は、きちんと理解が伴っているのです。

 

ところが、サピックス生の8割は、教わった解法を十分理解することなく、タイミングのよい効率的な反復によって、知識を一時的に定着させてしまっているのです。

 

全く理解していないわけではありませんが、応用するには不十分なのです。

 

しかも、その知識は、解答用紙にドサッと落とす結果、頭に残りません。

 

 

でも、こうなってしまうのも、仕方がない面があります。

 

解法知識は、次から次へと押し寄せてきます。

 

そして、数字替え問題は解けているので、十分理解していない事実が覆い隠されてしまい、わかったつもりになってしまうのです。

マンスリー対策:2つの選択肢

マンスリーの目的の1つが、解法知識の定着にあることは、確かです。

 

問題は、いかに

  1. 効率的に
  2. 応用できるように

おぼえるか、です。

 

記憶には、2つの性質があります。

  1. 反復するとおぼえやすい
  2. 理解するとおぼえやすい

しぼり込み反復法は、反復を利用して知識を定着させる効率的な技術で、暗記科目では、絶大な効果を発揮しますが、算数では微妙です。

 

それに対し、理解によって知識を定着させる方法は、応用力がつき、組み分け対策にも有効ですが、短期的には非効率的です。

 

理解しなければ先に進まない、という勉強方法では、目先のマンスリーに間に合わない。

 

それに、数字替え問題が解けている以上、理解しているのか、いないのか、区別すらつかない。

 

どちらの方法が適切でしょうか?

 

選択にあたっては、そもそもマンスリーの目的がどこにあるのかを、再確認しておく必要があります。

マンスリーは組分けの準備、という見方

サピックスがなぜ、

 

「マンスリー約3回+組分け1回」

 

というシステムを採用しているのか、考えてみましょう。

 

サピックスは生徒を、組分け(実力テスト)の結果で評価しています。

 

なぜなら、入試本番は、出題範囲が無制限で、組分けタイプだからです。

 

(注:6年生後半からのマンスリー「実力」テストも、組分けタイプです。)

 

極度に緊張する中、厳しい条件で臨まなければなりません。

 

その予行演習が、組分けテストです。

 

組分けの結果が、入試の結果を暗示します。

 

 

でも、組分けで試される思考力が変化するには、時間がかかります。

 

思考力のもととなる基礎知識も、それなりの分量をマスターしなければなりませんし。

 

そこで、組分けは4か月に1回ぐらいがちょうど良い、という判断になります。

 

でも、4か月間、何のクラス昇降もないと、気が緩みがちになるし、勉強が順調にはかどっているか、わかりません。

 

「勉強、してますか?ちょっと確認しますよ」

 

これが、マンスリー「確認」テストです。

 

「算数の勉強は、解法知識の詰め込みではありませんよ。

 

知識の習得を通じて、思考力を養成することです。(サピックス・ホームページ→合格メソッド参照)

 

だから、平常授業の復習では、あせらずじっくり理解して下さいね。

 

万が一、マンスリーに間に合わなくても、クラスが大きく下がることがないように、保証しますから。」

 

マンスリーに、クラス昇降の制限がかかっているのは、このためです。

 

あせらずじっくり理解に努め、思考力を養成すること

 

これが、超難関校に驚異の合格実績を誇る、サピックス・メソッドの神髄です。

 

偏差値60超のアルファの子供たちは、これが出来ています。

マンスリー対策:結論

このように見てくると、

  • マンスリー→知識量で勝負
  • 組分け→理解力、思考力で勝負

という分類が、適切ではないことが、おわかりいただけると思います。

 

マンスリー対策では、組分けを見すえて、理解力、思考力の養成にも励みましょう。

 

理解力、思考力がつけば、反復につぐ反復に頼らずとも、解法知識の定着が良くなり、結局、コスパ最強です。

 

それに、理解力、思考力が伴っていないと、せっかくマンスリーでクラスが上がっても、組分けで下がってしまいます。

 

 

ただ、理解力、思考力に重点をおく勉強法は、軌道にのるまで、数か月かかります。

 

具体的には、マンスリー数回分の結果をふり返りながら、PDCAサイクルを回し続けることになります。

 

Plan(計画)→Do(実行)→Check(測定)→Action(改善)→Plan……です。

 

サイクルを回しながら、お子様に必要なことを探り出し、

  • 勉強方法の改善
  • 教え方の改善

を、くり返します。

 

ここが、我慢のしどころ。

 

その間、上位クラスを獲得、維持して、モチベーションを保つために、一時的な暗記も、やむを得ないとは思います。

 

 

 

今月も、マンスリーの結果が出ました。

 

あなたは、「テスト直し」だけで、すませていませんか?



レッツ算数教室

お問い合わせ

電話 03-3304-7817

ご入会・システム


お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。