理科の成績を上げるには


  • 「理科の成績が上がらないのですが」
  • 「覚えても、すぐ忘れてしまいます」
  • 「算数は得意なのに、なぜか、理科の計算問題が苦手です」

というご相談を、よく受けます。

 

理科の勉強は、暗記部分と理解部分、計算部分が混ざっていて、苦手パターンも、一通りではありません。

 

個別に、対策が必要です。

 

暗記対策

基本的には、がんばって覚えるしかありません。

 

でも、なるべく効率的な方法で、覚えたいものです。

 

1、ダジャレ

 

たとえば、牛飼い座の1等星をアルクトゥルスというのは、なぜでしょうか?

 

多分、何かの由来はあるのでしょう。

 

でも、この手の知識を1つ1つ調べていたら、とても時間が足りません。

 

「牛が歩くと、うるさい」→「アルクトウルサイ」→「アルクトゥルス」

 

と覚える方が、はやいです。

 

わし座の1等星のアルタイルは、どうやって覚えましょうか?

 

「私は、いる。あなたは、いる?」→「わしは、いる。あんたは、いる?」→「わしは、いる。アンタイル?」→「わし座は、アルタイル」

 

はくちょう座の1等星は「デネブ」。

 

バレエ「白鳥の湖」の名場面に、「瀕死(ひんし)の白鳥」というのがあるそうです。

 

なぜ、死にかかっているのかというと、

 

「太りすぎ!」

 

(いいえ、ちがいます)

 

2、項目に注意する

 

たとえば、タンポポの花粉は、虫を媒介として運ばれます(虫ばい花)。

 

そして、種子は、風によって運ばれます(風散布)。

 

すると、何が起きるでしょうか?

 

まず、種子の運ばれ方の問題で「虫ばい花」と答えて間違えます。(正解は、風散布)

 

「タンポポは風、タンポポは風……」と覚えたあと、今度は、受粉の問題で「風ばい花」と答えて、また間違えます。(正解は、虫ばい花)

 

「タンポポは虫、タンポポは虫……」と覚えなおし、次に種子の運ばれ方の問題で「虫ばい花」と答えて、またまた間違えます。(正解は、風散布)

 

この無限循環を断ち切るには、どうしたらよいでしょうか?

 

覚えるとき、「タンポポ」という、おおざっぱな覚え方をしていることに、原因があります。

  • 「今は、タンポポの受粉の話」
  • 「今は、タンポポの種子散布の話」

と、項目を確認しながら覚えれば、間違えません。

 

もし、項目があいまいなまま覚えて、間違えても、そこがチャンスになります。

 

「受粉の話と、種子散布の話をごっちゃにしていたのは、浅はかだった。これを機会に、他の植物についても、整理しなおそう」

 

と考えて、それ以上のミスを未然に防ぐことができます。

 

3、まずは問題から入る

 

テストには、よく出る問題と、それほど出ない問題があります。

 

ですから、テキストの問題演習になっている部分から覚える方が、効率的です。

 

しかも、クイズ形式で、思い出せなかった部分を覚える方が、問題意識が強い分、記憶にも残ります。

 

テキストだけ何度も読み返しても、効率が悪いでしょう。

 

理解・計算対策

算数は得意なのに、理科の計算問題を苦手としている人が、けっこういます。

 

イメージ的には、似ている分野のようですが……

 

どこが違うのでしょうか?

 

算数というのは、人間の脳が「論理的」と考えることがらをベースにして、組み立てられた体系です。

 

ですから、算数には、原則として、すべて「理由」があります。

 

教わっていないことでも、きちんとした理由、論理に基づいて推論していけば、正解をゲットできます。

 

これに対して、理科(サイエンス)、大自然、宇宙は、人間の脳とは関係なく、できています。

 

理科で、「公式」となっているものも、「なぜ、そのような式が成り立つのか?」は、必ずしも説明できません。

  • 「実験したら、そうだったから」
  • 「観測したら、そうだったから」
  • 「この宇宙は、そのように造られているから」

としか、説明のしようがないものも、多数あります。

 

算数が得意だと、理科の公式でも理由を考えてしまい、

 

「さっぱりわからない」

 

となりかねません。

 

 

もう一つ、小学校・理科が、算数と異なる面があります。

 

小学校・理科では、

 

「細かい矛盾には目をつぶり、まず、おおよそのイメージを教える」

 

という傾向が、強くあります。

 

いきなり精密なことを教えると、かえって混乱するから、という、教育的配慮でしょう。

 

たとえば、「太陽」の分野。

  • 春分の日、秋分の日には、太陽は、真東から上り、真西に沈む。
  • そして、地面に垂直に立てた棒(ぼう)の影の動きを調べると、影の先端は、棒のやや北側のところで、東西平行に一直線になる」

という説明が、一般的です。

 

これなどは、算数(立体図形)の得意な子には、到底、受け入れられない説明ではないでしょうか?

 

太陽が真西に沈むとき、棒の影は、棒の「付け根」から真東に向かって、伸びるはずです。

 

この時、棒より北側の位置に影の先端がくるというのは、重大な矛盾です。

 

さらには、春分、秋分の日に、太陽が真東から上り、真西に沈むというのも、

 

「この日は、地球が自転だけして、公転はしない」

 

という仮定のもとの話です。

 

実際には、太陽が真東から上った日には、その後12時間で0.5度くらい「公転」するので、真西には沈まないでしょう。

 

難しい数学の計算を使わなくても、算数の論理的思考力があると、小学校・理科のアバウトさが気になって、苦手意識が強くなってしまいます。

 

「テキストがおかしいのか?それとも、こっちの頭がおかしいのか?」

 

と悩んで、悶々とするかもしれません。

 

そのような場合、たいていは、テキストの説明が、おおざっぱなのです。

 

 

でも、だからといって、「どうせ不正確なのだから、全部暗記」というのも、考えもの。

 

たとえば、

  • オリオン座の三ツ星は、東の空では「たて並び」、西の空では「横並び」になる

というのは、算数の範囲で説明できます。

  

塾のテキストでは、説明を省略しているかもしれませんが。

 

以上まとめると、理科では、

  1. 理由を追究しないで、おぼえる場面
  2. 説明が模式的(おおよそのイメージ)であることを、受け入れる場面
  3. 理由が算数の範囲で説明できるときは、(テキストで省略していても)納得しておく場面

という、3種類の場面を、適切に区別することが、大切です。

 



中学受験(秘)勉強法

レッツ算数教室

お問い合わせ
電話 03-3304-7817 

お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。