富士見中学の算数


傾向

富士見中学の算数は、例年、大問4問で構成されています。

 

大問1は、計算問題を含む、様々な分野からの小問群。

 

大問2は、やや軽めの応用問題が、2問。

 

大問3、4は、それぞれテーマをもった応用問題です。

 

順に見ていきましょう。

 

大問1

 

(1)(2)の計算問題は、標準的です。ウオーミングアップの意味合いが強く、ここでふるいにかけようという意図はないようです。

 

(3)以降の小問群は、はば広い分野から出題されています。「面積」「回転体の体積」「仕事算」「相当算」「売買算」「場合の数」「時計算」など、よくある標準レベルの問題が並んでいます。

 

ここは、過去問との関連が強くなっています。

 

大問2

 

大きくAとBに分かれ、それぞれ軽めの応用問題です。最近は、「速さ」と「図形」が出ています。

 

大問3・大問4

 

ここは、応用問題です。それなりに骨があります。

 

ただし、オリジナルの難問は少なく、中学受験界では、ある程度有名な問題が、多いようです。

 

まとめ

 

大問は4つと少な目ですが、大問1に小問群があるため、小問単位での問題数は、多くなっています。

 

その結果、はば広い分野から、バランスよく出題されています。

 

難易度についても、全体的に、易しい問題から難しい問題へと、バランスよく並んでいます。

 

また、一つの応用問題の中でも、小問(1)は易しく、(2)(3)(4)と難しくなっていく傾向にあります。前の小問が、後の小問のヒントにもなっています。

 

様々な意味で、中学入試問題として、オーソドックスな出題です。

対策

塾のテキストが、最も有効に機能する、典型的な学校です。標準的な問題を中心に、コツコツと勉強すれば、合格を勝ち取れます。

 

また、過去問の検討も有効です。特に、大問1の小問群は、過去問の展示会といってもいいでしょう。

 

具体例を挙げます。

 

回転体

  • 毎年、毎回

つるかめ算

  • 2016年第1回大問1(3)
  • 2018年第1回大問1(5)

食塩水

  • 2014年第1回大問1(5)
  • 2015年第2回大問1(5)
  • 2016年第1回大問1(6)
  • 2016年第2回大問1(3)

植木算

  • 2015年第1回大問1(5)
  • 2016年第1回大問1(7)
  • 2016年第2回大問1(4)

差集め算

  • 2016年第1回大問1(5)
  • 2016年第2回大問1(5)

時計算

  • 2016年第1回大問1(4)
  • 2017年第1回大問1859

場合の数

  • 2014年第1回大問1(4)
  • 2017年第1回大問3
  • 2017年第2回大問1(3)

すごろく

  • 2016年第1回大問2B
  • 2018年第1回大問4

いかがでしょうか?

いずれも、数字替え問題や、それに近い類似問題です。

 

過去問検討の際には、同じグループの問題ごとに、まとめて解くと、わかりやすいです。



富士見対策ページ

算数の成績を上げる!

志望校別・傾向と対策

ご入会・システム

ホーム

お問い合わせ

電話 03-3304-7817

レッツ算数教室

中野坂上駅前(丸の内線・大江戸線)
東京都中野区本町1ー23-7 

お問い合わせ

電話03-3304-7817

レッツ算数教室

丸の内線・大江戸線

中野坂上駅前

東京都中野区本町1-23-7

当ホームページは、レッツ算数教室が独自に運営しています。サピックス、日能研、早稲田アカデミー、四谷大塚、栄光ゼミナールとは、一切関係ありません。